昨今「食育」の重要性についていろいろ取りざたされていますが、本園でも給食を教育の一環と考え、食の安全性を重視し、園内で調理された手作りで温かい給食を実施しており、園児にも保護者の皆様にもご好評と信頼を得ております。
   
旬の素材や野菜ソムリエが厳選した地元食材、京野菜などをふんだんに取り入れ、食の安全性にも留意し、季節の彩り豊かな園内調理の手作りで温かい給食を提供致します。手作りのデザート、行事に合わせた季節感あふれたメニューを楽しんでいます。
また、バイキング形式の採用なども予定しています。
   
もちろんアレルギーをお持ちの園児に対しましては、従来どおり一人ひとり対応させていただきます。毎月の献立につきましても、イラスト入りで詳しく分かりやすい献立表と食育だよりを配布致します。
   
トータルフードプランのコンセプト
自ら食を選ぶ能力を含めた食の自己管理能力を育て、一人ひとりが自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送る力を育てる事です。毎日食べるものへの感謝の気持ちや旬の食べ物から季節の移り変わりを感じる心、五感の働きを通しておいしいと感じる感覚など、身体だけでなく「心」も育てるものとして考えています。
   
スチームコンベクション(厨房機器設置)
安心安全で全ての料理が調理できます。素材の新鮮さを損なうことなく調理できます。
   
 

 

季節を感じることができるように旬の素材を使用し、栄養バランスに配慮したバラエティ豊かでできたての日替わりメニュー、手作りおやつを味わえます。毎日新鮮な食材が配送されます。月に一回、世界のメニューも楽しめます。
『献立例』 完了食離乳食
  1~2歳
  3~5歳
   
野菜ソムリエが厳選した安全で安心な食材を使った給食をお届けしたいので、新鮮な食材はもちろん地元食材、地元米を使用し地産地消を心掛けております。生鮮食料品は「地元市場」にて早朝仕入れしております。
   
季節にあった旬の素材を使用し、素材本来の特長を活かして調理していますので、素材の本当の香りを感じてもらうことができます。
   
   

 

    食育だより
  毎月、「食育だより」と「献立表」をお配りしています。「食育だより」では、食に関する情報を楽しくお伝えし食育活動
を行っています。「献立表」にはメニュー内容はもちろん使用食材を分かりやすくお伝えしています
     
    給食会議(食物アレルギー)
  毎月行われる給食会議では、1ヶ月の反省と来月のメニューを決定します。

  アレルギーを持つお子様も給食を楽しんでもらいたいと考え、対応しています。
  年度初めにアレルギーを持つお子様の保護者、保育士、管理栄養士、料理長で綿密な会議をし対応致します。
  アレルギー特定原材料以外も個別に対応しています。