本園の考え


「てつだうよ!」
 自分の事は自分でする事を学ぶのも、友達と協力して成し遂げる喜びを知るのも集団生活。
支えあい、学びあい互いに関わり合いながら成長する子ども達。
こっち画像




「せんせい みて・・・。」
 私たち教師は一緒に活動しながら、子ども達が主体的にその活動を展開できるよう適切な援助をしていくべきだと考えています。

伸びゆく身体
「いちに!いちに!」
 乾布摩擦をする子ども達の力強い声で一日が始まります。 心と身体の健康は、相互に密接な関係が あることを踏まえ、四季を感じながら体力づくりに努めています。
がんばる画像 「がんばるぞー」
 一人ひとりの子どもが生き生きと興味を持って取り組む体育あそび。
運動量がたっぷりあって、しっかり汗をかいて、 情緒の安定と新陳代謝を促進し健全な発育のための基盤を築きます。
〜セレッソ大阪サッカー〜
 「サッカーを通して身体を動かすことの楽しさを知る」ことを目的として、年長児を対象に「セレッソ大阪」リーグアカデミーの選手が月1回指導に来てくれています。



「こんなんできてん」
 子ども達は作ったり描くことで自分の思いを表現をします。 自分で考え、試し工夫する。その中に様々な学びがあり、 喜びがあります。「自分でできた」という満足感から、 更に新たな表現意欲へとつながっていきます。
「うたうのだいすき」
 「きれいな音だな」「みんなで合わせてみよう」 そんな気持ちを大切にし、音やリズムを楽しむ。 耳で聞き、目で見、口で歌い、手で演奏し、 足でリズムをとる。身体全体を使って表現する事で、 豊かな感性や表現力が育まれていきます。

自然
「おだんご さわってみて」
 自然の変化や季節を身体で感じながら、汚れるのも 気にせず泥あそびに熱中する子ども達。
子ども達の好奇心を思う存分経験させること、自然に触れる事で 得るホッとする温かみが、安心感や、満足感につながります。
おだんご画像
おいも画像 「わーおっきいおいも!」
 ミニトマトやさつまいも、 ピーマンきゅうりその他、様々な作物を栽培しています。
手を土だらけにし、苗の活着までせっせと水を運び、 草取りに汗をながす。身近な自然と関わりながら、 自然を見つめる目、育てる喜びを知っていきます。
「にんじん どうぞ」
 うさぎ小屋には毎日、 家から持ってきた野菜や果物を手に子ども達が集まってきます。
身近な小動物や虫を飼育することで、おもいやりの心、命の尊さを知っていきます。
にんじん画像

ことば
「はろー」
 楽しいあそびの中で自然に外国語に触れ、 親しめる事をねらいとして自然なフォームで 外国人の先生が存在しています。
子ども達が将来の国際化社会に柔軟に対応できる事を願っています。




〜茶道〜

 年長児、年中児が「和」の心に触れました。
お茶を点てていただくことは、お互いに「いたわる心」で始まります。